FC2ブログ

浜松の現状 

やっぱり何から書いていいのかわからないのですが、思いつくままに書きます。
今、私にできる事は、やっぱり現状を伝える事だと思うので。

現場は、浜名湖を見下ろせる小高い山の中腹にあります。
近くに民家があるというようなところではないので、その土地を切り開いた、という感じです。
一段高いところに繁殖家の自宅。
低いところに犬舎。
二列に並んだ犬舎は全部で大小合わせて30はないと思います。
(数えるのは簡単でしたが、数える気にもならなかったです)
まず、まだ掃除の終わっていない犬舎の掃除からです。
片隅に山となっている新聞紙からは、異様な匂いとハエetc ・・・
正直、虫類は大の苦手です。
最初に、つい悲鳴が出てしまいました。
でも、その後は「もうやるしかない」です。
少しでもキレイにしてあげたい。この匂いと汚物をなんとかしてあげたい。
それだけです。
犬舎に入れられ、なおかつ、バリケンに入れられ、身動きがほとんどとれないコもいました。
理由がわからないので、むやみに出してあげる事もできません。
それでも、こわがるコよりも、喜ぶコの方が多くて、少し救われた思いで作業。
暑いです。山の上なのに、風がない。
こんなに暑いところで扇風機もなく、飲み水すら満足に与えられなかった犬達。
(雨水を貰っていたそうです)
掃除が終わって、ポリタンクからお水をあげると、むさぼるように飲みます。
暑いよね。喉かわいてたよね・・

昨日も書きましたが、私が行った昨日は、もう何日もボラさん達が入ったあとです。
汚い、と言いながらも、ずっとずっとマシになってからなんです。
それでも、耐えられないような匂いと汚物の山と・・
ここまでほっておいた繁殖家。
今回は自分からSOSを出したといいます。
犬たちの処分だけは避けたい、そういう事のできる人じゃなくて良かった、とスタッフの人が言ってましたが、
確かにそうですが、やっぱりもっと早くに諦めてほしかった。
病気のコがどれだけいるのか、つかみきれません。
見た目、皮膚病のは程度の差こそありますが、ほとんどのように見えます。
今回、医者の健診も追いつかずに、里子に出た子が多いと思います。
とりあえず、どんどん里子に出していかなければ、現場から連れてこれない、という現状もあります。
里親さんになってくださる方は、そんな事を100も承知で引き受けていると思います。
本当に感謝です。ありがとうございます。私からも感謝をこめて・・

今回のレスキューの場所になっているのは
「ラリーズカンパンー」という、犬連れでも泊まれるペンションです。

1階のレストラン部を休み、犬たちの保護場所にしてくださっていました。
ここの宮崎さんというオーナーさんは、以前にも繁殖業者の崩壊現場から多くの犬たちをレスキューしています。
「ばっちゃん」のお話は、あまりにも有名で本にもなっています。

繁殖場から連れてこられた犬達は、まずシャンプーです。
キレイになったワンコ達は、一様にホッとするようです。
垢を落としてもらい、皮膚病になった体をキレイにしてもらい、
ワンコ達は何を思うのでしょう。

一応、9月3・4日が譲渡会となっていますが、現状は、決まったコたちからどんどん里子に出ています。
ネットでSOSを知ったからからの問い合わせもあります。
確かに100匹ものワンコ達を保護できる場所の問題があります。
一日も早く、落着いた場所で、手厚いケアを・・というのが、保護された方達の気持ちなんだと思います。
どんなに思いはあっても、手が足りない、そういう現状です。

レストラン部には、サークルやケージに入った子達がたくさんいました。
写真を撮って、皆さんに現状を知ってもらいたい、と思ったのですが、
現場の写真は、スタッフの方から「ちょっと・・」という言葉頂きましたし、
実際に現場を見たら、写真を写してる場合ではない、と思ってしまいました。
「ともかく何かしなきゃ」です。
ですから、写真はあまりありませんが、昨日に続き、まだ里親さんが見つかっていなかったコの写真を載せていきたいと思います。

そうそう、大阪の獣医さんに行く(昨日行ったはずです)予定のアイちゃん。
あのお顔ですが、愛想は天下一品(^^)
ボラさん達、皆にかわいがられていました。
すぐに寄ってきて、ベタっとくっつきたがるのです。
今頃は診察も終え、たくさんご飯を食べて、心地よい眠りについている頃でしょう。
アイちゃん、今度こそ幸せになるんだよ。


ボストンテリア?
テリア系、よくわからないので、間違っていたらごめんなさい。



ボストンテリア?




コーギーとブルテリア?



コーギー&ブルテリア?


キャバリア

キャバリア


犬種がわかりません・・テリア系でしょう・・

?

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

お疲れ様でした

mamiさんお疲れ様でした。

写真・・現場の写真撮ってる場合じゃないかもしれないけど現場の状態わかった方がきっと動いてくれる方も多いはず・・

けれどポメちゃんなんかチャイニーズテリア?のように毛がなくてポメだとはわからない状態ですね。

こんなになるまで・・・


コーギーとブルドッグ、この白い子はウエスティだと思います。

ウエスティとは思えないくらい・・

早く里親さんに迎えてもらい早く幸せになれるといいですね。

かおりん

私もずっとそう思っていました。
現場の写真、訴えるには最高の手段です。
でも、わかっていてもできなかった。
これが報道関係の人なら、それこそ、命を助けるより、「報道」という事にこだわるだろうけど。
私はやっぱり普通の人でした。
少しでもキレイに。そう思ってしまった。

私も・・

mamiさんへ

でもボラの方に写真は・・と言われてしまうと・・私もそれでも撮らせてとは言えないと思う。

実際現場にいる人は・・
目の前にいるワンコを助けてあげる方が先ですから・・・

かおりんへ

理屈より感情の方が先に立ってしまうよね。
それでいいんじゃないかな?
言葉で伝えるだけでは、不十分な部分もあるけど、仕方ないと思う。
しょせん素人だもの。

プロフィール

mami

  • Author:mami
  • メールはこちらに☆
    bellpapi2@yahoo.co.jp

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク