FC2ブログ

キャバリア・レモンちゃん

最初にちょっとだけ言わせてくださいね。
今回の浜松の件
皆様から「頭が下がります」というお言葉をたくさん頂きましたが、
これはできればやめていただきたいのです。
私は、何に関しても
「できる時に、できる事を、できる人がすればいい」と思っています。
「何かボラ的な事をする」のは、私の中では、もしかしたら自己満足の世界なのかとも思います。
では、なぜブログに書くのか。
これを読んで、私の目からみた事実を知ってもらえればいい。
そして、何かを考えるきっかけになったらいい。
私が書く事に共感してくださる方もいるだろうし、そうでない方もいるでしょう。
「十人十色」と言います。
10人いれば、10の意見があって当たり前。
それでも、他の人の意見を聞く事で、
「そういう考え方もあるんだ」と思えたら、又自分の見解が広がりませんか?
それでいいんじゃないかな?

確かに疲れます。
幾らそう遠くではないとはいえ、貴重なお休みを使います。
当然、うちのこともいい加減だし、若くない身体も疲れます^^;
でも、それがイヤなら行かなければいいのです。
自分が行きたいから行きます。これって自己満足以外に何モノでもないと私は思っています。
自分が納得したいのです。
そして、現状を知りたい方がいるかもしれないので、ブログに書きます。
それだけですので、無用なお気遣いは不要です。
宜しくお願いいたしますm(__)m



さて、ちょっとがとても長くなってしまいました。ごめんなさい。
まず、チッチちゃんの事ですが、
昨日浜松に行ったのは、実はチッチちゃんのお迎えも兼ねてです。
先週、チッチちゃんに会って、迷ったのは事実です。
これは私だけの手には負えない、と。
獣医師さんに相談する必要もありました。
ラリカンのスタッフさんとも連絡を取りあい、お迎え方々、日曜にお手伝いに、となっていました。
ただ、私ができるのは、あくまで「預かり」です。
その辺のお話もさせてもらっていたので、里親さんが現れたのは、嬉しい誤算でした。チッチちゃん、正直無理だと思っていました。
チッチちゃんの今後は、連絡があったら教えていただく事になっています。
浜松にいる二匹のチッチちゃん。
私にとって、浜松は縁が切れそうにありません。

チッチの話を聞いたあとに、「良かったら訳ありで、昨日一度里子に出たんだけど、戻ってきたキャバリアがいるから・・」との事。
実はこのレモンちゃん、
土曜に里子にいったのですが、里親さんが獣医さんに連れていったら、血液検査もしないうちに、
「この子は血がドロドロだから、診るのも無理」というような事を言われ、戻ってきたのだそうです。
見ただけでわかるのは、皮膚病くらいじゃないの?
なんかとても不満なのですが、とりあえず夕方まで残っていたら考えることにしました。
実はもう1匹パピヨンも残っていたので、とても気になっていたのです。
2匹は無理よね・・おまけにパピヨン特有でテンションが高め。
パピがどうなんだろう???
と思っていたら、パピヨンちゃん、本当にステキなご縁に恵まれ、貰われていきました。
昨日も書いたように、先住犬、おばあちゃんも含むご家族でいらしてて、とてもいい感じの方達でした。
ひたすらお願いしてしまいました!
クリスちゃんも幸せになるね。

もう1匹、先週から気になっていたコーギーちゃん。
コーギーなの?と思うくらい小さめでシャープな顔立ちをしていました。
が、片目がつぶれています。
このコーギーちゃんは、擁護学校の先生が、生徒さんを連れてみえて、全員一致で「この子が一番かわいい!」という事で決まったそうです。
不自由な身体の彼らに訴えるものを持っていたのかもしれませんが、純粋な彼らの心に、そして先生に感謝です。
とてもかわいがってもらえる事でしょう。

まだ柴・コーギー・ラブ・ビーグルと残っていましたが、我家事情で小型しか無理です。
キャバリアもちょっと大きいのですが、痩せてるし、毛がないからいいか?みたいな訳わからない理由付け。
結局ご縁のなかったこのレモンちゃんと一緒に帰ってきました。
あらかじめお願いしてあったので、即獣医さんに。
その結果
血液検査では、腎臓も肝臓も特に異常ナシ。
しいていえば、ちょっと貧血気味。栄養不良によるものでしょうね。
フィラリア陰性。
心臓に雑音があるものの、心電図の結果はさほどひどくないようなので、様子をみて、呼吸が荒いとかそういう症状があればお薬を飲みます。
左後ろ足が「膝蓋骨脱臼」
ただ、ちょっとの散歩は歩きますから、日常生活には差し障りないようです。
これも様子見です。
目がドライアイなので、目薬は必要になります。
それと、日曜の朝、ケージにぶつけて傷を作ってしまいましたが、これは薬で治る程度のもののようです。
歯はダメ。奥歯が完全に歯槽膿漏なので、できれば歯石除去がしたいところです。
心臓と相談しながら、グリニーズをあげて様子をみます。
皮膚はところどころやられています。
疥癬の可能性も高いので、とりあえず、考えられるだけの虫駆除をしていただきます。
そのためにしばらく入院となりました。
今日はご飯も食べて、元気にしているそうです。
昨日の段階で、とりあえず人には喜んで尻尾もふりますが、
まだ感情が豊かではないような気がしました。
・・でも、キャバリアって初めてなので、こんな感じなのでしょうか??
パピに慣れすぎてしまったからそう思うのでしょうか?

レモンちゃん、この9月15日で8歳になる女の子です。
チィちゃんとは一緒に8歳のお誕生日をお祝いできませんでしたが、レモンちゃんとはできそうです。
落着きましたら、里親募集をしたいと思います。
その時は、皆さん宜しくお願いいたしますm(__)m

写真がこれしかなくて申しわけないです・・
帰ってきたら写真を撮って・・と思っていたら、なんと名古屋は土砂降りの雨でした^^;
毛はカットしてしまってあるので、短毛です。

レモンちゃん

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

出来ることを出来る時に出来る人がすればいい・・・
(゚-゚*)(。。*)うん あたしもそう思う!
そうやって今までもやってきたしね(*^-^*)
でも、出来ない人が出来る人に「頭が下がる」って思うのも正直な気持ちだね。
今回ばかりは、あたしもそう思ったしね。

レモンちゃんが最初に診てもらったという獣医さん、呆れるというよりは、すごいムカつくんだけど( ̄ヘ ̄メ)
検査する前から血がどろどろって何?
意味がわからないo(`Д´#)(#`Д´)o
縁あってmamiさんの所にきたんだから、チィちゃんの時のようにステキな里親さんを探してあげたいね。
パピちゃんの反応にもドキドキ・・・

唯我独尊

実家がキャバ飼ってますが・・・
パピちゃん以上に抜け毛ひどいですから要注意っす。半端じゃないからね。
性格はその子によって違うかもしれませんがうちの子は唯我独尊タイプです。名前読んでもチラッと顔上げてみるだけ・・ひどい時はシッポ振って返事するだけで起きてもきませんちなみに彼女も8歳です。お年寄り向きかもしれません

お休み返上で治療にあたってくれた医師や一番手の掛かる子をと言ってくれた大阪の医師に比べて血液検査ひとつしなかった医師には怒り通り越して呆れます。ただ・・・
里親さんも違う病院行くくらいして欲しかったな
今度こそ落ち着いて一生を過ごせる家族を見つけてあげたいですね

お疲れ様です

mamiさんの言いたいことはとてもよくわかるよ^^ でもね、みんな、自分がしたくても出来ない事をmamiさんがやってるって事が素晴らしいと思うから、”頭が下がる”んだよ。
素直にmamiさんの活動が素晴らしいと感動するんだよ。 いろんな人にいろんな影響を与えられる事はいい事じゃないか♪どんどんやって行って欲しいよ( ̄∀ ̄*)
さて、レモンちゃんを診た医師はとんでもねぇーヤツだっ!!医師としては失格ですね。
里親になった人もホィ次っ!って気にはならなかったのね、残念。けど、戻してくれただけマシかも。そのまま捨てちゃったりする人も居なくもないでしょ? 良い里親さん見つかりますように。その前に治療に専念だね、レモンちゃんがんばれ~!

レモンちゃん

mamiさんこんばんは~
レモンちゃん特にひどい病気がなくってよかったね。目はドライアイなのね?写真では白く見えて白内障ぎみ?って思ったけど大丈夫なのかな??

皮膚も少し気になるね。施設では疥癬の子は隔離してるけど人間にうつるとか言うけど私は何頭も触ったけどうつったことない。

繁殖所の子は愛想のいい子と全く表情のない子にわかれますね=
ルカは後者でした。

落ち着くまで大変だけどがんばってくださいね。

mamiさんのお気持ちもわかりますよ~
私も休みのたびに施設に行って。。。

しんどいと言えばしんどいけど好きでやってるから・・・

けど自分ができないからmamiさんはすぐ行動してくださるしって私もmamiさん見習たいとは思いますよ~

またレモンちゃんの様子教えてくださいね~~

☆お返事です

*みゆちん
皆ができることを少しずつでもすれば、きっと何かが変わる。
そう思いたいです。
軽く「ご苦労さん~」とか「情報ありがとう」とか言ってもらえる分には気が楽なんだけどね。
改まってだと、こちらが恐縮してしまうのよ^^;
あ、あくまで私の場合です。

レモンちゃんの最初の里親さん、初めて飼うのかしら?と思ってしまった。
じゃなかったとしたら、そんな(失礼)医者しか知らないなんて可哀想ね。
実際、検査結果はまずまずよ。
皮膚病は環境からして仕方ないし。
きっとキレイになるわよ。見返してやるぅ~~笑

パピとのご対面?私も楽しみよ♪
ちょっと大きいけど、デブくないし。笑 ちなみに7,95キロでした。

*litaさん
それって、もしかしたら、楽って事かしら?笑
パピみたいに「遊んでくれ~~!」って言わないわよね?
とっても静かに固まってそうな女の子です。
我家に連れてくるのは、もう少し先になると思いますが、とても楽しみです♪

*ミクさん
最近ちょっとバタバタしててご無沙汰ですm(__)m
ミクさんみたいな性格だと、ホイ次っ!!なんだろうけど 笑 残念でした(^^)
わざわざ、あの状態の子を貰ってくれる人だから、捨てる事はないと思うけど。。
又、繁殖に遣われない様、その点はかなり慎重でしたよ。
実際、連れて帰ってきた子もいますし。
レモンちゃんの状態がよくなったら、里親探しをしますね♪
いい里親さんが見つかるといいな。

*かおりん
今回のコたちは、愛想のいい子が多かったと思うわ。
少なくても、私が接したコは、ほとんどがそう。
皆かまって欲しくて仕方ないみたい。
たまに臆病な子もいるんだけど、それでもなでてあげると嬉しそうなの。
愛情に飢えてるんだな、と思います。

レモンちゃんの片目が白っぽいのは、怪我のせいです。
これは時間が多少かかるかもしれないけど、多分治ると思います。

かおりんも毎週大変だよね。でも、好きだから行くんだよね?
自分が行きたいからだよね?
その気持ち、よくわかります。
きっとワンコ達は愛情を欲しがってる。
少しでもかまってほしいんだよね。大事にしてあげてね。
プロフィール

mami

  • Author:mami
  • メールはこちらに☆
    bellpapi2@yahoo.co.jp

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク