FC2ブログ

ある日の出来事

ここに、里親募集のワンコさんが3頭います
どこかで見かけた方もいるかもしれませんね
ミックスの2ワンズはとても元気です

里親募集のワンコさん1.jpg

里親募集のワンコさん2.jpg

男性が苦手なワンコもいます
このワンコさんは高齢です

里親募集のワンコさん3.jpg


なぜ、里親募集という事になったのか、私は理由を知らないので、その辺に触れるのはやめておきます

このワンコたちを預かって下さっている方にお会いする機会がありました
ワンコさん達の為に、広い土地、周りに迷惑をかけない所にお引越しされたとか

こういうお話、実は私はとても辛いんです・・
きっと、こういうワンコさんがかわいそうで仕方ないんだと思います
自分が手を伸ばせば助けてあげられる。確かにそうなんですから
でも、こういう現実の中、ワンコさんはどんどん増えてしまいます
自分のうちのワンコさんにも、今までのように手をかけてあげられなくなったりするのではないでしょうか

このワンコさんは里親募集のコではありません
人を見ると、こうやって食器を咥えて、くるくる回るんだそうです

食器をくわえるワンコさん.jpg

何かが欲しいのかと思えば、そうとばかりではないようで
こういうワンコさんをみると、抱きしめたくなります
愛情がいっぱいいっぱい欲しいよね?
いつも傍にいたいんだよね?

ワンコさんは、群れをなす動物です
きっと、一人より誰かといたいんです

広い土地、かわいそうに思う気持ち、なんとかしてあげたいと思う気持ち
たくさんのワンコを預かり、自分の時間を削り、休む時間も惜しんで世話し、
その結果、もしかしたら、自分のワンコさん達にもかわいそうな思いをさせてる?

勘違いしないで下さい
私はこの方を間違っても攻めているわけではありません
それどころか感謝していますし、申し訳ないという気持ちもあります
私には絶対にできないと思うから

私が一番腹立たしいのは、やっぱり途中で飼育放棄する人たち
そういう人たちがいるから、彼女たちみたいに優しい人たちが苦労するんです


  最期まで飼おうよ!
  彼らの瞳が永久に閉じるまで、飼い主として、自分にできる精一杯のことをしようよ
  彼らの一番の幸せは、おいしい豪華なご飯を食べることなんかじゃなくて、
  ブランド品で飾ってもらう事でもない
  

  そうじゃなくて、最期まで一緒の時を過ごすこと
  いつも傍にいて、名前を呼んでもらい、撫でてもらうこと
  いつもあなたの笑顔を見ていられること
  

・・彼らが望んでいるのは、きっとこんなことではないかと思うのです・・

 

 
この日のお出かけは、大屋さんと岐阜のボラさんと私、そして里親募集中のパピヨン・ミント
人嫌いなミントさんのリハビリを兼ねています
噛まれる覚悟で出かけた私
ミントさん、あれぇ? 先日より(その前日に会ったときは、ものすごい勢いで拒否されました)
全然いい感じ

ミントさん、まだ2歳になったばかりです。
ちょっとかわいそうだけど、この先長い事を考えて、リハビリしてもらいたいと思っています。

       ミントさん、カフェランチもおつきあい

          同行ワンコ.jpg

私が好きなライフスタイルです。一緒にいけるところは一緒に行きたい
というか、出かける時は極力一緒に行けるところへ、かな
もしかしたら我が家のパピさんは、迷惑に思ってるかもしれないけど、
私はパピさんが大好きなので、できる限り一緒にいたい
(普段お留守番がないお宅は、ワンコさんがお留守番できないコになってしまいますと、お互いに不自由な事が多々あると思います。そういうご家庭は、逆に、たまには1ワンでいる時間を作ってあげてくださいね)

    ここは、春に竜クンに会った場所でもあります

      庭2.jpg

              庭1.jpg

あの時は、お花がいっぱいだったけど、今は果実の季節を迎えようとしています
手前がレモンの木、後ろがりんごです

りんごとレモン.jpg

ブドウと朝顔のポラボも変わっていて素敵かも

             朝顔とぶどうのコラボ.jpg

この後、猫さんの里親さん募集をしているイベントをちょっとのぞいてきました
この季節は特に里親さんが見つかりにくいんだそうです
これは私も実感していますが・・
この子達は、処分されることはありません
でも、この子達を抱え込んだボラさんの事を思うと、やっぱり心が痛みます


     ランチを楽しみながらも、なんだか切ない一日となったのでありました

  
             あなたの目の前の、小さなひとつの命

                 あなただけが頼りです

                裏切らないであげてください
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

mamiさんさっきはごめんなさい。
どうしたらいいかわからなくって・・・

飼い主・・どうしたいのかわかりません。
暑がっているワンコよりもわが子の涙優先・・

子供なんて使っていないおもちゃ捨てようとすると使うとかいうし気まぐれなんですよね。

広い土地で私も保護してあげたい。
今もしてあげたいけど先住犬に負担がかかる子は無理v-356

でも保護はたくさん依頼があったりするけど
里親は決まらないからワンコが多くなってしまて愛情が足りなくなってしまうんですよね。

施設も同じです。頭数と世話する人数が合わないからご飯と散歩で手いっぱい。

ほんと飼い主さん飼うなら責任を持って最後まで飼って欲しい。

言い方は悪いけど他人に尻拭いをさせるのは間違ってるよ!

犬たちも生きてるんだから・・飼い主を信頼してるんだから悲しませることはしないで欲しい・・

こんばんわ。
暑い中、ご苦労様です。
多くできるだけ沢山の命を救ってあげたい、私も同じ気持ちです。mamiさんと同意見、途中で放棄してしまう人に怒りがこみ上げます。
彼らは特別な何かを求めているわけではありません。最後まで、瞼を閉じる、その最期までを飼い主さんと過ごしたいだけなのです。
そして、ミントちゃん・・・mamiさんのもとで、とっても良いリハビリをしているみたいですね。日に日に変わるでしょうね。

☆お返事です

*kaoriさん
本当にね、知れば知るほどイヤになります。
人間って、本当に身勝手な生き物。
一部の身勝手な人たちの為に頑張っているのも人間なんだけど、
なんだか申し訳なく思ってしまいます。
いつか彼女達の思いが報われる時がくるのでしょうか。
民間の力だけでは限界があると思うのだけど。

かおりんも厄介なことに巻き込まれてしまったね。
不満だけど、しょせん飼い主の持ち物としか認められていない彼ら。
彼らを救う為とはいえ、犯罪を犯すのは・・と思ってしまいます。
本当はそれくらい開き直りたいのだけど、人に薦めるわけにはね・・

*モナミのママさん
とっても簡単なことに思えるけど、難しい場合もあるのかな・・
そんな弱気な気持ちにもなってしまいます。
そう、彼らが望んでいることは、とっても小さなことだと思うんです。
最期まで一緒にいて
あくまで代弁ではありますが、それが一番だと・・
どうしたら守ってあげられるのか、あまりに多い、里親募集の子達を想うたびに切なくなります。

ミントさんは、岐阜にいるんですよ♪
リハビリの為に?ちょっと続けて会ってみました。
少しずつ根気良くやっていただければ大丈夫だと思いました(*^_^*)
プロフィール

mami

  • Author:mami
  • メールはこちらに☆
    bellpapi2@yahoo.co.jp

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク