FC2ブログ

迷子札

迷子札の重要性について考えてみませんか
首輪をしているワンちゃんはいます。
中型くらいからの、見るからにお散歩大好き というワンちゃん達
小型~大型でも、チェーンをつけていたり、アクセサリーっぽく、かわいいネックレスをつけているコもよくみかけます。
でも、意外と見かけないのが迷子札

なぜ どうして

もし 迷子になった場合、ワンコさんが自力で家に帰れる可能性は少ないです
実際に保健所には、迷子として収容されているワンコさん達がたくさんいます。
特に、雷や花火の後は多いと聞きます。

今回、迷子の小麦を探す為に、幾つかの迷子情報のサイトに載せたり、
あちこちのサイトをのぞいては情報を探していました。

迷子のワンコさんを探している方たち、本当にたくさんいるんです。
そして、保護してくださっている方たちもいるんです。


でも、巡り合えないのはなぜか。

2007.12.10
遺失物法が改正され、


迷子動物の届け出や引き取りはこれまでと同じく警察でも受け付けますが、
警察では迷子動物の一時飼育はしなくなりましたので動物は保健所へ移されます。


今までみたいに、警察で何日か保護、という事がなくなり、警察へ連れていけば、警察はすぐにでも保健所へ連れていきます。

愛犬が迷子になったら、又、迷子のコを保護したら、警察・保健所・愛護センター・管理センターなどへ連絡、
というのが通常ですが、
ワンコさんを飼ってない人でも、思いつくのが 警察 ですよね。

落し物を拾ったから、というより、困ったから、という感覚なのかもしれません。

迷子の届出をする
その時点で、迷子がいないかは調べてくれます。
正確にいうと、遺失物として届出がないか、調べてくれるのです。


遺失物として届出がなかったらどうなるのでしょう
運良く、同じ警察・派出所などに連絡があり、同じ人が対応してくれたら、 と結びつくのでしょうか。
これがワンコさんに全く興味のない人だったら
記憶にも残っていない可能性があります。

実は、今回の小麦に関しても、あとで慌てて 遺失物 として届出をしました。
いなくなってすぐに、警察・保健所・管理センターに届け出てはくれましたが、遺失物としての取り扱いはされていませんでした。

たとえば、後で、どなたかが「迷子ですよ」と、届出してくれても、小麦の記録はデータとしては残っていないので、わからない可能性が高いのです。
となると、警察から保健所(管理センター)へ移動する事になります。

遺失物として届出をすれば、県内ならどこからでも、同じデータが見れるそうです。

探す方は、必ず 遺失物 としての届出をしてください
念のために、近隣の県にも出した方が安全です。
今回も、どこまでやったらいいのか?がすごくネックでした。
警察へは、友人の手を借りて、愛知の他、岐阜と三重に遺失物の届出をしました。
電話でもできるそうですが、必ず書くところを見て欲しかったのです。
電話に出てくださった方を疑ってはいけませんが、慎重に慎重を・・という気持ちでした。

難しいのは、保健所、管理センターなどへの届出です。
これこそ、どこまで?
県内ひとつのデータが見れるようにはなっていません。
迷子になったワンコさんがあまり動かない、という保証もなく、見つからない日々が続くと、どうしていいのかわからなくなります。

そういう意味では、岐阜県の迷子犬情報は、ホントにありがたかったです。
ただ、これを毎日のようにのぞいては、憂鬱な気持ちになったのも事実です。
どうしてこんなにたくさんの迷子・・
首輪をつけていても、迷子札は
純血種の多くは首輪すらつけていません。
前に 毛が寝てしまうから、とか、毛に跡が残るから、と聞いた事もあり、

毛と命とどちらが大事ですか 

それとも、捨てたんですか


保護に関しては、難しいとも思っています。
たとえば、迷子?と思っても、どんなワンコさんかわからない。
噛まれるかな?とか、病気は大丈夫かな?
そして、ちょっと事情を知ってる人なら、警察へ連れていったら、保健所に収容される事を知ってるでしょう。
保健所に入ったら、迷子であっても、何日か後には殺処分という運命になっている事も・・

かといって、飼い主が見つかるまで自分が保護しておく事ができるか、
何ヶ月も見つからなかったら?
そう考えた時に、見てみぬフリも・・・

決してその人を攻める訳にはいきません。

一番悪いのは飼い主。

飼い主が守ってあげなければ、誰が守ってあげるのでしょう。

家から庭から飛び出せないようにする工夫、飛び出さないようにする為のしつけ、

そして、もしも、もしも、の時の迷子札。



これは勝手な想像かもしれませんが、
迷子札をつけたコがウロウロしていたら、ちょっと安心して保護する事はできませんか。
連絡先がわかるのですから。

迷子のワンコさんを探している人たちは、まだまだたくさんいます。

無事に飼い主さんの元へ戻れますよう、祈るばかりです。


岐阜の各務原のボラさんチームのブログ
飼い主探し隊さんでも、同じようなことについて触れていました。
迷子札をしていたら、すぐにでも飼い主さんの元に返れただろうワンコさんの話です。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

ブログ、UPさせてもらいました^^
良かったら後で見てくださいm(_ _)m

静岡県では市役所から動管というルートですが、私たちは近隣の市役所、7市と病院、サロン等に問い合わせをしています。飼い主が届けをしていたのは3月から3件程度、しかもそのうち1件は飼い主が迎えに行くと言っているにもかかわらず収容されたままになりました。市役所の担当、たったふたりなのに話が通じていませんでした。金曜が期限なのに水曜に譲渡したりしています。引き出しにいったらもぬけの空、しかも譲渡した相手の名前しか聞いていません。あとから飼い主があらわれてもわからないのです。まったく行政は信じていません。迷子にさせないでいるより仕方のない地域です。自分の子はしっかり守りたいですね。

☆お返事です

*ウルフノワさん
ありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。

*りんみるさん
地域によっても人によっても随分違いがあるみたいですね。
今回、小麦の件ではどこでもよくしていただきましたが、だからといって、発見につながるとは言い切れません。
保健所とか管理センターのデータがどこからでも見れるようになるといいのですが。
飼い主さん側にも問題点はありますが、
何とか生かしてあげよう、何とか探してあげよう、という気持ちが感じられないのが悲しいです。
プロフィール

mami

  • Author:mami
  • メールはこちらに☆
    bellpapi2@yahoo.co.jp

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク