FC2ブログ

里親になるということ。についての補足です

先日、私が書いた「里親になるということ」について、
ご指摘いただいた事もあり、私自身、言葉足らず・・と思っていた部分もありますので、お返事かたがた、補足させていただきたいと思います。

ご指摘、もっともです。
私も言葉が足りず、申し訳なく思っています。
譲渡会に参加するワンコさん達、それぞれ性格が違ったりするので、1ワンずつ説明をつけさせていただいています。

名前・年齢(推定のコもいます)・保護された経緯、
そして、預かりをしているボラさんが、自分でわかる事
を書いて下さっています。

質問は大歓迎です。
わかる限りの事をお答えさせていただいていますし、不安材料があれいば、私たちの知識の中ではありますが、対処策なども話させていただいています。
一度出たワンコさんが戻ってくるほど悲しい事はありませんから。

ただ、あからさまに
「なんだ、できないの」と言われるのが悲しいのです。
成犬ならできるのが当たり前と思われているのか、ボランティアならそれくらいして当たり前と思われているのか真意はわかりませんが・・

話が少し脱線してしまうかもしれませんが、
今、一般家庭の放棄犬が多い理由の中に、うまくしつけできなかった、というのが大きな部分を占めているような気がします。

・吠える
・噛む
・トイレがうまくできない(マーキング含む)
・言う事を聞かない

犬種の特性もあり、一概には言えない部分もありますが、どのコも、最初から教えずにできる訳ではないです。
また、早く覚えるコもいれば、なかなか覚えないコもいる。それも仕方ない事と思います。人間だってそうなんですから。
それを考えずに、できるはず、と思われてる部分もあり、それができないと「なんだ」になっているような気がします。

もちろん、そういう方ばかりではありません。
最初から理解を示して下さる方もいますし、こちらの話に耳を傾けてくださる方もいます。
ただ、
最初から「できて当たり前」、みたいに思わないで下さい。
という事なんです。
しつけというのは、大変だけど、頑張って成果が出た時には嬉しいものです。
それもわかって欲しい、そう思っています。

極端な話、「貰ってあげる・貰ってやる」のに、というような方が現実にいるのです。
そうではありません。という事も私は言いたいのです。

高齢でも若くても、元気でも疾患があっても、本当にひとつの命だという事、
私自身、自分が預かりや、譲渡会のお手伝いをするようになり、本当に実感しています。
今までは、見た目かわいいコ、を見て、かわいい~と思っていました。
今でも、もちろんそうは思います。かわいいものはかわいいです。
でも、今は明らかに違う自分がいます。かわいい、というより、いとおしいと思う自分がいます。
そういう意味では純血種もミックスも皆、変わりがないのです。
その考えを他の人に押し付けてはいけないと思っていますが、少しはわかって欲しいと思い、そういう人に里親さまになっていただけたら・・と願う自分がいるのは事実です。

先住ワンコさんを亡くしたばかりの人に、高齢のコを押し付けようとか考えた事もありません。
なるべく長く一緒にいたい。それは誰もが思う事でもあります。
ただ、飼い主さんの年齢は失礼ですが、考えています。
これは私自身が高齢になってきた為、余計に思う事です。
今は元気。でも、10年後、15年後は?
もちろん、若いから保証がある訳でもなく、ただ、可能性でしかない事、これは失礼かと思いつつ、慎重にならざるを得ないのです。


里親募集をしている子達は、どんな事情であれ、一度は飼い主と別れを経験していると考えます。
もう二度とこんな事がありませんように・・
絶対に幸せに・・

そう願い送り出しています。


最初に書きましたが、あくまで自分の考え、意見です。
ボラの皆さんが皆、一緒の考えだとも思っていません。
個人の考え方として偏ってる、と言われると、返す言葉はありません。
ただ、言葉遣いには十分に気をつけたいと思っていますし、聞く耳は持っているつもりですので、こういう考え方もあるのでは、というご意見も嬉しく拝聴します。

もちろん、直接お話する場合には、もっと気をつけさせていただいています。
不特定多数の人の目に触れる事も、十分に承知の上ではありますが、ブログ、という個人の意見を言える場所での発言という事でお許し願えれば、と思います。

コメントのお返事をすることで、やっぱり言葉・文字は難しいと思いました。
言いたいことの半分も伝わっていないかもしれない。
誤解される部分も多いかもしれない。
そういう意味ではコメントいただけたこと、ありがたく思っています。
ありがとうございました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

ぅん。
これもごもっとも(;^_^A

コメント見てびっくりしちゃった。

色んな意見があるね。

アタシがガッカリしちゃうと思うメールは
ほんの1行、2行
「可愛いですね。おしっこはできますか?」
みたいな、名前も名乗らない人や
「可愛いですね。陸送してください」
みないなに、全く譲渡の内容読んでない人・・・

そういう人が多すぎて、そういう人への返事は本当に時間の無駄だと思ってしまう。
だってひとりやふたりじゃないもん。
それでも、公に募集してる以上、返事はしないとと思うからするけど!

きちんと名前も明記して、その上で、色んな質問をしてくる人なら大歓迎だよ。
それを時間の無駄だなんて思ったこと一度もない。
でも、mamiさんが言ってるのは、そうでない人のことだよね。

別に聖人君子のような人なんて望んでない。

今回岐阜に来た子たち、譲渡会で新しいお家が見つかるといいね^^

小麦ちゃんもね(〃⌒ー⌒〃)

*みゆちん

言葉ですべてを伝えるのは難しい。
トーガさんも、決して批判をされてる訳じゃないと思います。私の言葉の足りなさを指摘して下さった事に感謝しなきゃね。
どうもせっかちなもので、先へ先へと走ってしまって@@

見ず知らずの人へのメールは、やっぱり気をつけたいね。
ちょっとした事が誤解を招かないとも限らない。

小麦さんねぇ・・ホント、うちに馴染んでもらってもね(笑)

本当に言葉って難しいよね。
でもmamiさんの言いたいこと良くわかります。

ペットショップでウン十万の子犬を買って来たって
な~んにもしつけなんかされてないし・・・
一から教えるのは飼い主になる方の責任って
やっぱり思います。
それが里親さんであっても。

ペットショップの店員さんは売りたいから良い事しかいわないよね。
それよりも、出来ないこともきちんと話してくれることの方が
後々、よかった!って思えるのではないでしょうか?

先天性の病気を持った子でも知らん顔で売っているお店もあるし
新しい家族を迎えるリスクは一緒だと思います。

私が、mamiさんのブログを知って好きになった原因は
現実をちゃんと見てる、て感じたからです。

私は、ワンコを飼いたいと思ったときに
恥ずかしいけど、お店で買うことしか思いつかなかった。
こんな出会いの方法もあるってことを
もっと多くの方に知ってもらえたら嬉しいな!
と、今は心から思っています。

ご丁寧な補足、ありがとうございました。
ちなみに私はmamiさんのことを誤解したわけではないです。

トイレがOKな純血種の元気な子犬なら貰ってやる・・
そんな馬鹿げた里親希望者がたくさんいるのも確かなので、釘を刺したい気持ちも、すごく解ります。

でも、あまりにかたくなな表現だと、譲渡会に行ってみようと思っている里親希望さんが、トイレのこととか聞いてはいけないんだと、退いてしまいますよね。
里親を希望する方も目にするブログ、あまりにハードルを上げてしまっては、と思ったまでです。

純血種もMIXも同じ命です。
MIXちゃん、愛敬のある日本犬がいっぱいいます。
1頭引き取らなくてはいけなくなった場合、老年のMIX日本犬、5,6歳のMIX小型犬、純血種の若そうな小型犬がいて、どの子を迎えますか?
純血種の若い子なら、里親も見つかりやすいですよね。
それでもMIX老犬を選んでくれますか?
mamiさんとみゆさんが飼ってくれるなら、処分される子が確実に2匹減ります。
↑これ、ちょっと表現きつすぎですね。m(__)m
ちなみに、私は今は一匹も飼えません。m(__)m

仏様のような何人もの里親さんもいらっしゃいますが、ほとんどの里親さんは普通の優しい人だから、老犬より若い元気な子がいいって思うのも当然かなぁと思います。
その中でより良いご縁が見つかればと、願っています。


☆お返事です

*まどかさん
もうトシですから^_^; 犬との生活は、ほとんど生まれた時なので、間違いなく皆さんよりいろいろな経験をしてきています。
現実逃避期間も長く、その反省もあって、
今自分にできる事、を考えた時に、現実を知ってもらう事、そしてワンコとの生活を見直す事、楽しむ事を皆さんと一緒に考えていけたら、と思ったんです。
そんな中で、まどかさんと知り合い、幸か不幸か(笑)近かったので、最近はすっかり甘えてしまい、いろいろお願いしてゴメンナサイね^_^;
いつかは「楽しむ」方向で、どこかへ遊びに行きましょう♪
あと少し、譲渡会が続くので、お願いしますm(__)m

一般の人は、ショップで買う、がまず頭にあって普通だと思います。
そういう意味では、まだまだ知れ渡ってないですね。啓蒙活動にも力を入れたいと思っているし。
できる範囲でお付き合い願えたら嬉しいなぁ・・と密かに思っています(笑)


*トーガさん
私もトーガさんが勘違いしてるなんて思ってません(#^.^#)
多分、私の書き方が誤解を招きますよ、と忠告していただいたんだと思います。
確かに・・譲渡会が続くと、嬉しい反面、はい?みたいな人と出会う事もあり、つい愚痴りたくなったんだと思います。
読んで下さってる人を不快にするのは、不本意です。気をつけたいと思いますm(__)m

自分にできない事を人に押し付ける気持ちもないですが、我が家は老犬はよくても、大きさ制限があるんです。
私の体力ももう無理でしょうし^_^;
若くして、こういう事に関心を持ってくださる方が増えてきた事、本当に嬉しいと思っています。

現実を知ってもらいたい、もっと犬の事を知って、一緒に楽しんで生活して欲しい。
それがブログを公開し始めた理由です。
初心を思い出し頑張ってみます。
コメント、本当にありがとうございました。

里親を募集する側と希望する側にはかなりの温度差があります。
希望する側の方には申し訳ありませんが
この現状を把握されていない方が多いのも事実です
若い子を望むのは理解できます、しかし犬の寿命を考え自分の年齢を考えれば・・・答えは出るのではないでしょうか? 本当に犬の将来を考えてみれば
介護も出来る年齢か自分の年を考えて欲しいです

中に入ってみるとさ~~
悲しくなるのが譲渡だよな~~
でもね・・・15歳の老犬を引き取ってこの犬はうちの
宝です!!って言い切る素敵な飼い主もいるんだよね~~あっこれワンにゃんスタッフのひとりだけど・・

*litaさん

温度差は仕方ないかとも思う。
私自身、自分が手伝いを始めた事で知った事もたくさんあるから。
本当は、啓蒙活動を含め、そういう事も知ってもらいたい譲渡会なんだよね。
だからMさんが、パネルの用意もしてくれてるし、気になる記事なんかは、ラミして張り出したり、
私たちもリーフを作ったり・・
でも、そういうのに無関心な人達がいるのも事実。
でも、興味深く読んでくださる人達がいるのも、又事実。
少しずつだけど、努力するしかないのかな、と思っています。
理解ある人に出会えるのは、本当に嬉しいし、ワンコを迎えて初めてわかってくれる人もいると思う。
だからやってられるかなぁ・・という感じ。
お互い、いろいろあるけど頑張ろうね!

プロフィール

mami

  • Author:mami
  • メールはこちらに☆
    bellpapi2@yahoo.co.jp

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク