FC2ブログ

「心の声が聞こえますか?」~ARK パネル展~

名古屋のオリーブさん(ペットフード販売ショップ)で、アニマルレフュージ関西さん  のパネル展を 7/15日から開催しています。

         アークパネル展1


昨日、そちら方面に用もあり、ちょっとのぞいてきました。
スペースとしては大きくありません。
レスキュー活動、そこで働くスタッフさん達とそこで暮らす犬猫さん達の様子がわかります。

      アークパネル展


アークさん、というか、保護団体さんの様子を知らない人たちには、ぜひ一度みていただきたいと思います。
崩壊繁殖場の写真などもありますが、全体的には、そんなに暗い雰囲気はありません。
ワンコさん達の笑顔が印象的でした。

           アークパネル展2


このパネル展は、7月29日まで(27日はお休み)です。

8月1~9日は
児玉小枝パネル展  ラストポートレート~この世に生を受けて~
どうぶつたちへのレクイエム・明るい老犬介護・ラストチャンス


まだ見た事のない方、
ぜひ見ていただけたら、と思います。


彼らの運命の明暗を分けるのは私達人間の意識です


案内のハガキに書かれたこの言葉、胸に深くしみます。


    知って下さい。現実を

   感じて下さい。彼らの温かさを

   聞いて下さい。彼らの声を



思い返せば、3年前の8月
大家さん と私は、東に向かう電車に乗っていました。

目的は、このパネル展を見るため
名古屋では見る機会が得られず、ちょっと遠出をすることになりました。

一応、お手伝いのつもりで出かけたのに、泣いた泣いた・・
わかっていても悲しかった。

なんでこんな現実があるのか。
人間としてどうなの?


知る事は辛い。悲しい。
でも、
知らなきゃ何も変わらない。そう思っています。
どうぞ、皆さんも知って下さい。
そして、自分に何ができるのか、考えてみませんか。

一人一人の力は小さいけれど、皆が集まれば大きな力になります。

短い期間の開催ではありますが、どうぞ、足を運んで、自分の目で見て欲しいと願っています。




話題を変えます。
ころころと。

オリーブさん、フードやおやつを売っている小さなかわいいお店です。
気さくなママさんがいます(こういう時に、この言い方はいいのかしら?)
そして、オヤツも体によさそうなおいしそうなものばかり。
メタボなパピさんだからオヤツはねー。と思いつつ、少しだけ手に入れてきました。

             おやつ

味見中です。コラーゲンたっぷり コラーゲン味見中


パネル展は、自宅の一部を開放されてやられています。
仕事が終わってから行ったので、ゆっくりお話する時間がなく(それでも結構話してきたかな)残念でした。
個人単位での活動、大変です。
それでも、自分でできること、をと思っていらっしゃるのだと思います。
彼女の願いは、やっぱり 「一人でも多くの人に知ってもらいたい」 なのではないでしょうか。



そして、オマケの話題。
3年前のパネル展。静岡県の掛川であったのですが、

なぜか、帰りの私はケージに入ったパピヨンさん を連れていました。
私には「運命のコ」に思えたパピヨンさん
(興味のある方は、2006.9.11の日記を読んで下さいね)
当時は、リンクがうまくできなくて、文中に出てくる名前とかリンクしてありません。
わかり難かったらゴメンナサイ

そして、大家さん はその後、もう一度、掛川へ行く事になります。
大家家のふくちゃん
彼の運命も変わりました。


不思議に思います。
運命って何だろう?

私たち人間は、自分の力で頑張る事ができる。
自分で運を開いて行く事ができる。
努力すれば、きっと何かが変わっていく。

でも、彼らにはそれができない。
どんなに頑張っても、檻の中でしか生きられない運命にあった。


当時、繁殖犬として使われていた1匹のパピヨンと1匹のキャバリア。

今、家庭犬として幸せに暮らしている。
                    ふくちゃん

     りーちゃん
              

    どちらの写真も無断借用です

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

私のこと呼んだ(笑)?

あれから3年ですかぁ(驚)!!
帰りの電車、なぜかキャリーが
増えてましたよね。あれから、人とわんこを取り巻く環境が変わったか?
しかし、このようなパネル展を通して一人でも多くの方に現実を知って頂くこと。
非常に意味あると思います。はなちゃん、正式譲渡、良かったですね!!

☆大家さん

あら?
聞こえてしまいましたか?そんな遠方まで(笑)

そう、あれから3年。もう、なのか まだ なのか・・
どちらにしても、あそこにいたワンコが2匹、家庭犬としてのんびり幸せにしている現実。
私達、頑張って行った甲斐があったね(^_^)

現実は、きっと少しずつ変わってきていると信じたいです。
ブルセラの事とか、信じられないこともあったけど、たくさんの人に知られる、という事、
それだけでも意味があったと思いたいです。
でなければ、処分された子達が浮かばれないです。
プロフィール

mami

  • Author:mami
  • メールはこちらに☆
    bellpapi2@yahoo.co.jp

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク