最近のパピ。特に変わりはないですが・・

この冬のパピは、いつにもまして、甘えん坊な気がします。やっぱり年のせいなのかな。

すぐに膝の上に乗られてしまうので、いったん座るとなかなか動けません。

膝をちょんちょんされて、乗りたい意思表示をされるとついつい・・だし

朝とかこれをやられるとかなり辛い

でも、負けてしまう情けない飼い主に成り下がっています・・・


夜も完全腕枕

首・肩の痛みがある今、本当は楽に寝たいのですが、ついつい・・

暑くなると抜け出すのですが、しばらくすると、また入れてくれ、とばかりにちょんちょんされます。

隣でぐっすり寝ていてくれる姿を見るのはとても嬉しく安心もするので、仕方ないか

期間限定ですしね、楽しみたいと思います
(夏場は、同じ隣でも、ちょっと離れて、自分で枕してます)

それにしても、よく寝ますね。

私が出かけてしまうとすぐに、ベッドに入って寝る体制。

夕方までずっとそのベッドの中で過ごしています。寝ている体制は変わりますが、ずっと寝ています。

最近は、17時過ぎても寝てる事が多いです。


ご飯は、このところ、きちんと食べてくれてます。

ベースはk/d(腎臓療法食)で、ウエットタイプとドライタイプ併用です。

それにお野菜が主となった手作り食。

お肉とかお魚をどーんとあげるわけにはいかないので、たまーに、白身のお魚、それにじゃこ。

無塩の煮干をぱらぱらしてあげることもあります。

卵・お豆腐も使います。

低蛋白米の雑炊がお気に入りです。

全部食べてくれるとほっとします。

体重は、一時期よりも少し減って、4.05kg

パピ的にはベストです。


今は、心臓の薬とホルモンの薬を飲んでいます。


寒くなってきてから、散歩をやめているので、早くあったかくなるといいな。

家の中では走ったりしているけれど、やっぱり運動不足だと思います。
(私も運動不足デス)


どうみても、態度がデカイんじゃないかと思うけれど、

それでも、一緒にいられることの幸せ、かみしめてます。


              1484826072986.jpg

                        1484826072574.jpg

                             パピ  15才と7か月

愛犬と機内でも一緒! JALが「ワンワンJETツアー」開催

ついにこんな事ができるようになったんですね。
以前、わんバスで旅行したことがありましたが、一緒に空を飛ぶとは。
私もパピも、もっと若かったらチャレンジしてたかも




愛犬と機内でも一緒! JALが「ワンワンJETツアー」開催

Impress Watch 1/30(月) 14:12配信


愛犬と機内でも一緒! JALが「ワンワンJETツアー」開催

 JAL(日本航空)とジャルパックは1月27日~29日、愛犬と飛行機の客室内で一緒に過ごせるツアー「JALチャーター便で行く ワンちゃんとの旅 ワンワンJET鹿児島3日間」(以下、ワンワンJETツアー)を実施した。


 ツアーは2泊3日で、成田~鹿児島間は往復ともJALのチャーター便を利用。宿泊は、愛犬と一緒に泊まれる「ドッグリゾート鹿児島 CoCoフォレいむた」か、「霧島観光ホテル」の「Kiri Dog」「D+PREMIUM」のいずれか。ツアーは12月13日の発売日に完売するほどの人気だったとのことだ。32組、63名と32匹が参加したこのツアーの1日目に同行したので、往路の様子や宿泊先についてレポートする。

■JALチャーター便で行く ワンちゃんとの旅 ワンワンJET鹿児島3日間

期間:2017年1月27日~29日 2泊3日
運航区間:成田(09時30分)発~鹿児島(11時50分)着予定、鹿児島(15時25分)発~成田(17時00分)着予定
機材:ボーイング 737-800型機(JA339J)
便名:JL1111便(ワンワンワンワン)※往復同一便名
料金:14万8000円など(4名+愛犬1匹で1室の場合、1人あたりの料金)
宿泊先:ドッグリゾート鹿児島 CoCoフォレいむた/霧島観光ホテル「Kiri Dog」「D+PREMIUM」のいずれか(※食事は朝夕付き)

 ワンワンJETツアーは、JALとジャルパックにとってペットを客室内に入れる初めての試みであったため、イオンペットとイオンコンパスの協力を得て企画。全国の宿泊地をリサーチし、愛犬を連れての宿泊に適した施設を備え、温泉や観光資源が豊富であることなどからドッグリゾート鹿児島と霧島観光ホテルが選定された。

 ツアーは往復の飛行機と宿泊以外はフリープランとなっており、これは飼い主と愛犬にマイペースに観光を楽しんでほしかったからとのこと。現地での移動は犬の同乗がOKのレンタカーを利用するが、車内ではクレート(キャリー)に入れてシートに固定するルールで、給餌は禁止となっている。ツアー代金には往復の航空券、宿泊(朝夕食付き)、レンタカー代などが含まれている。またツアー中は2名の獣医師が同行する。

 成田国際空港 第2ターミナル 国内線チェックインカウンターでは、7時30分からチェックインが開始された。チェックインカウンターは一般の搭乗客とは分けられており、ツアー客はフロアのツアーの奥に進んで受け付けを行なう。受付では今回のツアー専用に作られたクレートを渡される。往復の機内やレンタカーの車内では、愛犬をこのクレートに入れて移動することになる。

 チェックインカウンター前にはパーテーションで仕切られたエリアがあり、このなかには愛犬との記念撮影ができるスペース、受け取ったクレートに愛犬を入れるスペースが設けられていた。

 クレートに入れ終えると、あらためてチェックインとなる。犬の耳を頭に着けたJALスタッフが対応していたが、スタッフのなかにも犬を飼っている人が多く、愛犬話に花を咲かせていた。このチェックインでは犬にも搭乗券が発行されるため、愛犬の名前が入った搭乗券に、ツアー客はとても盛り上がっていた。

 ワンワンJETの便名は「JL1111便(ワンワンワンワン)」(運航上はJL4901便)。ツアー客も案内表示の「JL1111」を笑顔で指差したり撮影したりしていた。出発はIゲートから。ゲート前にも記念撮影スペースが設けられ、搭乗記念の「顔はめパネル」ならぬ「クレートはめパネル」が用意されていた。

■「JL1111」のワンワンJETへ搭乗

 記念撮影で盛り上がり、ツアー客同士も徐々に打ち解けてきた雰囲気のなか、搭乗開始のアナウンス。「またあとで」と声を掛け合いながら、愛犬とともにボーイング 737-800型機に乗り込んでいった。

 機内では、愛犬の名前が入った特製のヘッドレストカバーにあちこちから歓声が上がる。愛犬のシートはすべて窓側で、シートはビニールシートで養生されており、クレートはシートベルトを使って固定する。うまく固定できない人をCA(客室乗務員)がサポートしていた。愛犬用のお土産が用意されており、「わんこのおやつ工房 Le Ponta」特製のクッキー、ラスク、鹿肉、ノンアルコールワインなどがメッセージカードとともに袋に入っていた。

 ワンワンJETは定刻より少し早めの9時26分にプッシュバックを開始。9時49分に鹿児島へ向けて離陸した。

 離陸してしばらくすると、機長の小城章裕(こしろあきひろ)氏から運航状況などのアナウンスのあと、ツアー客への挨拶があった。

 自身も5歳の柴犬を、副操縦士の横田睦(よこたあつし)氏は4歳のラブラドール・レトリバーを飼っていることに触れ、「我々も犬好きということでワンワンJETの乗務を希望しました。犬を家族の一員と考える我々にとって、同じ飛行機、同じ室内で一緒に旅行に出かけられることは夢と言っても過言ではありません。

 皆さまの思い出に残る旅行のお手伝いができることを、乗務員一同光栄に感じております。本日のご搭乗、まことにありがとうございます」と話すと、拍手をするツアー客も見られた。

 ツアー客に話を聞くと、以前貨物室に犬を預けて飛行機の旅をしたことはあったが、とても心配だったそうだ。犬が少しぐったりしているようにも見られたので、帰路は航空券をキャンセルして陸路で帰ったことがあったそうで、こうして隣で水をあげたり、「大丈夫だよ」と声をかけたりしながら旅をできるのがとてもうれしいと話してくれた。

 ワンワンJETが富士山付近を通過する頃、機内アナウンスで記念撮影タイムが始まること、パイロットやCAの犬サイズのコスチュームが用意されていること、この時間はクレートから飼い主の膝の上に愛犬を出していいことが告げられると、大きな歓声と拍手が起きた。

■ワンワンJETは鹿児島空港に到着

 ワンワンJETは11時33分に鹿児島空港に着陸、11時37分に到着した。具合がわるくなる犬もなく、地上に降りてツアー客もほっと一安心という印象だった。ここからツアー客はレンタカーで移動となる。

 ツアー客を運び終えたワンワンJETはこのあと、搭乗客を乗せずに羽田空港へ移動して清掃される。シートや床はもちろん、空調フィルターなどまで徹底して掃除されるそうだ。

■犬同伴客専用に作られた霧島観光ホテルの「Kiri Dog」「D+PREMIUM」

 ワンワンJETツアーでは「ドッグリゾート鹿児島 CoCoフォレいむた」か、霧島観光ホテルの「Kiri Dog」「D+PREMIUM」のいずれかに宿泊するが、記者は「Kiri Dog」と「D+PREMIUM」を取材したのでその様子をお伝えする。

 霧島観光ホテルでは一般客と犬同伴客とは入り口も建物内もしっかり分けられていて、お互いが遠慮や不快な思いをしないよう配慮されている。「Kiri Dog」は霧島観光ホテルの1階の一部と6階のすべてが使用されており、このエリアは愛犬と一緒に歩ける。6階の客室数は6室。1階には犬同伴客専用のレストラン「MISTY DOG」があり、愛犬と一緒に夕食を楽しむことができる。犬専用の夕食メニューもあり、メインディッシュを数種類から選べて、取材時は鹿肉、鶏肉、魚が用意されていた。

 ちなみに霧島観光ホテル周辺のお勧めの散歩コースをスタッフに聞いてみたところ丸尾の滝が有名だそうで、のんびり歩いて20~30分ほどの距離にあり、温泉水が流れ落ちる珍しい滝とのこと。昼食には、マテリア霧島グループが運営するカフェ「マテリアランチ.com」(火曜定休)が愛犬を連れてもOKでお勧めだと教えてくれた。

「D+PREMIUM」も霧島観光ホテルの敷地内にあり、こちらは以前は宴会場として使われていたスペースをリノベーションして広めの4つの客室を設けた、少し贅沢な仕様とのこと。「D+PREMIUM」では、愛犬と一緒に部屋で食事をとれる。受付はなく、宿泊客は客室に通されてからチェックインを行なうそうだ。人間用と犬用の露天風呂を備えた一番広い客室を見学した。

霧島観光ホテル「Kiri Dog」「D+PREMIUM」

所在地:鹿児島県霧島市牧園街高千穂3885
TEL:0995-78-2531
チェックイン/チェックアウト:15時/10時
Webサイト:霧島観光ホテル「Kiri Dog」「D+PREMIUM」

マテリアランチ.com

所在地:鹿児島県霧島市霧島田口2458-8
TEL:0995-57-0291
営業時間:11時~用意した材料がなくなるまで
定休日:火曜
Webサイト:マテリアランチ.com

ドッグリゾート鹿児島CoCoフォレいむた

所在地:鹿児島県薩摩川内市祁答院町藺牟田1806
TEL:0996-56-0121
チェックイン/チェックアウト:15時/10時
Webサイト:ドッグリゾート鹿児島CoCoフォレいむた

 ジャルパック担当者に、今後このワンワンJETツアーのような企画が実施される可能性について聞いたところ、「現段階で決定したものはないが、初めての試みなので、今回の参加者から意見を伺いつつ、ペットを同伴できる全国の宿泊・観光施設の状況、チャーター便の離発着の条件などを勘案して、今後もお客さまのご要望に応えられるよう検討していきたい。今回の内容を検証してペットと飼い主の皆さまがストレスなく旅行できる企画を、JALグループとして検討していきたい」と答えてくれた。
.
トラベル Watch,編集部:稲葉隆司


【最終更新:1/30(月) 14:12

犬猫の流通、1年で10万匹増 途中で2万5千匹死ぬ

朝日新聞デジタル 1/27(金) 8:02配信

 2015年度に国内で販売されるなどした犬猫は少なくとも約85万匹で、前年度より約10万匹増えていることが朝日新聞の調査で分かった。流通量の増減のデータはこれまでなかった。流通量の3%にあたる約2万5千匹の犬猫が流通過程で死んでいたことも判明した。

 改正動物愛護法(13年9月施行)で、繁殖業者やペットショップなどは「犬猫等販売業者定期報告届出書」を自治体に提出することが義務づけられた。流通の実数を把握するため、朝日新聞は14年度分と15年度分について、この事務を所管する都道府県や政令指定都市など99自治体にアンケートした(回収率100%)。

 集計の結果、15年度は犬約69万1千匹、猫は約15万6千匹が販売・譲渡されていた。15年度は、14年度より自治体に届出書を提出した事業所数が少ないが、それでも14年度比で犬は約7万5千匹(12%)増、猫は約2万3千匹(17%)増で、ペットブームが続く中、国内流通量は増加していることが分かった。

 また、繁殖から小売りまでの流通過程での死亡数(死産は含まない)は犬1万9866匹、猫は5088匹の計2万4954匹。14年度も死亡数は計2万3181匹で、両年度とも流通量の3%にのぼる。これは環境省が09年にペット店を対象に調査した際の推計値の33倍にあたる。

朝日新聞社


ペット関連の支出

ペット関連の支出、犬は「5万円以上~10万円未満」、猫は「5万円未満」が最多

@DIME 1/27(金) 7:10配信

2017年のペット関連支出は「増えそう」という見方が約3割
アイペット損害保険は、犬・猫飼育者の755名を対象に、ペット関連支出に関するアンケート調査を実施した。

■当初の想定以上にかかった項目は「治療費」という回答が4割

当初の想定以上にかかった項目を聞いたところ、犬猫飼育者ともに「治療費」が4割となった。治療費・予防費と合わせて健康関連の項目は全体の6割にのぼる。
具体的な理由を聞いたところ、「予想外の入院を伴う病気にかかったから(59歳・男性・猫飼育者)」や「誤飲の手術をしたため(42歳・女性・犬飼育者)」と不測の事態をあげる回答が多くなった。
ペットの万一に備えた準備はしておきたいものだ。また、フードに関しては「意外と何でも食べるわけではなく、しっかり食べさせるためには好みのものを選ぶ必要があるので(46歳・女性・猫飼育者)」や「食欲旺盛な子だった(57歳・男性・犬飼育者)」というコメントが見られた。

■2016年のペット関連支出、犬飼育者は「5万円以上~10万円未満」、猫飼育者は「5万円未満」が最多

次に、ペット関連支出があった犬猫飼育者を対象に、2016年のペット関連支出額を聞いてみた。犬飼育者は「5万円以上~10万円未満」が29.7%と最も多くなっている。一方の猫飼育者は「5万円未満」が43.3%となっていることから、支出額に差が見られることがわかる。

■治療費の中央値は3万円。高額事例は220万円にものぼる!

ペット関連でかかった金額を項目別に聞いた(※世帯毎のため、多頭の可能性あり)。
中央値は治療費とフード・おやつが3万円と同額になった。さらに最高金額は治療費が220万円にのぼっている。病気や怪我の状況によって治療費が高額になる場合もあるようだ。

■2017年のペット関連支出は「増えそう」という見方が約3割

さらに2017年のペット関連支出の見通しを聞いたところ、「増えそう」が約3割になった。一方、犬猫飼育者の約6割が「変わらなさそう」と回答していることから、2016年にペットにかかった金額と同額の支出を見込んでいる飼育者が多いことが伺える。

「増えそう」と回答した人に具体的な項目を聞いたところ、治療費や予防費といった健康関連の項目が上位となった。その理由を聞いたところ、「高齢になると今まで以上にケアすべき部分が増えそうなので(47歳・男性)」「手術をする予定だから(71歳・男性)」とペットの年齢や具体的な支出予定を理由にあげる回答が多くなった。フード・おやつに関しては、「もっといいフードを食べさせたいから(25歳・女性)」や「どんどん食事が贅沢になってきたから(58歳・男性)」とペットの家族化が進むにつれて、ペットに与える食べ物への関心も高まっていることが伺える。

今回の調査から、当初の想定以上にかかった支出として「治療費」をあげるペット飼育者が半数近くいることが判明した。動物を飼育するということには、責任が伴う。急な出費にも対応できるよう、余裕を持った飼育計画を立てることが大切なのかもしれない。アイペット損保は、ペット保険の提供とともに、ペットの健康促進やQOLの向上、ペット産業の発展に寄与するため、オウンドメディアやイベント等を通じて積極的な情報発信に取り組んでいくという。

【調査概要】
調査対象:全国の犬・猫飼育者755名(犬飼育者:489名 猫飼育者:266名)
調査方法:インターネットによるアンケート(複数回答可)を実施
調査期間:2016年12月21日

文/編集部
@DIME編集部

飼い犬を迎え入れる前に考えるべきこと

飼い犬を迎え入れる前に考えるべきこと

@DIME 1/26(木) 8:11配信


飼い犬を迎え入れる前に考えるべきこと

ひとつの命を最後までお世話するために


◆ひとつの命を最後までお世話するために

「犬を飼いたい」と思っている方は、たくさんいると思います。ただ、家に犬を迎えても、さまざまな理由から飼い続けることが難しくなり、最悪の場合愛犬を手放してしまう人も中にはいます。犬と人の両者が不幸にならないために、犬を迎える前に大切なことを確認しましょう。

まずは「住環境」です。ペットNGの物件に住んでいながら、犬を飼ってしまう人がいます。あまり吠えない犬であっても、部屋を走り回ったりおもちゃで遊んだりすれば自然と音が発生するものです。そうなったときに周囲にバレてしまい、家を出ていかなければいけなくなったり、愛犬を手放さなければならない事態に追い込まれたりする可能性も考えられます。

また、飼い主が犬の存在を隠そうとしていると、犬の行動にも必要以上の制限を求めてしまい、結果的にストレスを与えることになります。それは犬にとって、とても不幸なことではないでしょうか。また、ペットOKの物件でも気を付けたいのが飼育に関する条件です。「1頭のみOK」「小型犬2頭までOK」など、物件によっては飼育に関する条件を設けている場合があります。事前に必ず確認しましょう。

続いて「金銭面」。

犬1頭の生涯費用は200万円以上ともいわれています。日々のエサ代、ワクチン代、ノミ・ダニ・フィラリア予防のお金、トリミング代などのほかにも、想定外の病気や事故により莫大な治療費がかかる場合があります。このように、犬1頭を育て最後まで世話をすることは決して簡単なことではありません。

どんなに仕事や家事で疲れていても自分の時間や体力を愛犬に費やし、愛情を注ぎ続けることができますか?言うことを聞かずに吠えたり、トイレの失敗をしたりする子犬に忍耐強くしつけをする根気強さや覚悟はありますか?

気持ちだけでは、犬も飼い主も幸せになれないケースがあります。犬を迎えるということは、大切な命の責任を持つということ。楽しみやファッション、理想論ではなく、きちんと現実を見て、本当に犬を迎えるのか今一度考えてみてくださいね。

文/大原絵理香
.
@DIME編集部

遊びに来てくれた卒業生、お友達編です

この日、正式譲渡となった小梅ちゃん
先住わんこさんがうめちゃん、という名前でした。
やっぱり何かご縁があったのかもしれませんね。

食べ渋りが多い小梅ちゃん、パパさんママさんを悩ませる事も多いと思いますが、
どーんと構えて、小梅ちゃんを見守ってくれたらと思います。
どうぞよろしくお願いします

ちょっとピンぼけでごめんね
小梅ちゃん


かわいいパピヨンさんがいるーと思ったら茶レンジでした
今は茶器ちゃんです。

茶器くん

茶器くん1


ミレちゃん
時々、思い出したかのように喜んでくれるミレちゃん。
義理堅いイイコです

ミレちゃん


みやこちゃん

みやこちゃん

みやこちゃんとみの吉くん。2ショットは難しい

みやこちゃんとみのきちくん

みの吉くん

みのきちくん


元ぱるる。今はマリンちゃん
すっかり甘えん坊さんになっててビックリしました

ぱるる

ぱるるちゃん1


イエスくん
イエスくんは、パパさんに抱っこされてる時が一番幸せそうです

いえすくん

イエスくん

さくらちゃん
さくらちゃん

ことりちゃん
ことりちゃん


でんでくん
すっかり落ち着いてしまって、パパ大好きのでんでくん

でんでくん

かりんちゃんも落ち着いていて、ママさんのアシスタント的なオーラが・・(笑)
(ママさんはアニマルコミニュケーションもやります)
このアングル、かのんのねえさまお気に入り

かりんちゃん


アンちゃん
久しぶりのアンちゃん。元気そうで何よりです。

1485314557793.jpg

リコちゃん、ハルくんも元気で、(写真がなくてごめんなさい)
関東と名古屋、両方の生活を満喫中かな


まなちゃん
なんだかとても楽しそうにランランしてました

まなちゃん

ポピーちゃん、寝ると無呼吸になる時があって心配していたママさん、最近は調子がいいようでちょっと安心されてました。
ポピーちゃん、よかったね

ポピーちゃん


はなこちゃん
相変わらず美人なのです
スマートで羨ましい・・・

はなこちゃん


ここちゃん
ここちゃんも相変わらずスマート
お行儀もとってもよいここちゃんです

ここちゃん


ルイくん
ふわふわな毛並がすごーい
前よりも随分落ち着いた感じがします

ルイくん


久しぶりのモカちゃん
モカちゃん、元気な顔を見せてくれてありがとう
まだまだ大変な事も多いと思いますが、一緒に頑張ってくれるママさんたちがいます。
モカちゃん、ファイト

モカちゃん

りぼんちゃん
りぼんちゃんは相変わらず元気です

りぼん

ノエルちゃん
すっかり抱っこ犬になってて、抱っこをせがむ姿がとてもかわいいです

ノエルちゃん

モカちゃんふぁみりー


おうじろうくん

おーちゃん

ファミリーが増えました
もと大夢、今は侘助くん
ちゃかちゃかしてるので、最初はみんなかなり引いてたようですが
今は少しずつ受け入れてくれてるようです。
ママさん達のご協力に感謝です

わびすけくん


ちゃぷまるくん
ちゃぷくん

ちくわくん
ちくわくん

ちゃぷくんが・・


モカちゃん
ひよりちゃん
そっくりなのですが、実際に会うと、ちょっと見分けがつくようになったかも
でも、写真で見るとサッパリわからず
本当によく似てる2人です
なんだかんだと書きながら、2ショット写真がナイごめんなさいー

これは、ひよりちゃんかな?

ひよりちゃんかな?


カノンちゃん
ビビリなかのんちゃん。出かけた先が譲渡会って・・(笑)
ごめんね

かのんちゃん1

1485314502048.jpg

一方、最近、家族になったこの方は、あちこちに愛嬌ふりまくり(笑)
フレームからはみだしそうな毛吹きのよさ。
シャンプー大変だろうな、のポリちゃんでした
なんだかおもしろすぎ(笑)

まんまるポリちゃん

ポリチャン

1485314556995.jpg


久しぶりのまろんちゃん
別の意味でフレームアウトしそう(笑)
すっかり丸くなったまろんちゃん。
飼い主さんは気のせいというけれど・・・
きっと気のせいじゃないと思う

まろちゃん

まろんちゃん

当然、風も丸くなっていて
風、重たい~
でも、風の笑顔が見れて嬉しかった
風が覚えててくれて、本当に嬉しかったオバサンでしたー

ふう1

ふう


P1060914.jpg

いっぱいの皆様に感謝です

柴ちゃん

ダックスさん

まろんちゃん
ちわわのまろんちゃん

ラブちゃん

プーミックスさん

ぽめちゃん


最後は、ごぉもりさんとのチョビちゃんとそっくりのティムで〆たいと思います
どこかでつながっていそうですよね

ティムとちょびくん


譲渡会の様子

ドッグパークカフェオーレさんの2階、普段はカフェとランになっている所をお借りしています。

並ぶのは、スタッフ手作りのおやつ、エコたわし、マナーベルト、カフェマット、カラー&リード、服、スリング、お散歩バッグ、ベッド等など
おかし

エコたわし

オリジナル服

スリング

スリング1

ベッド

私が言うのもなんですが、
どんどん進化していってます

お洋服は、試着OKです
お気に入りを探してもらえたら嬉しいですね


バザー用のお洋服は、皆さんから寄付していただいたものです。
新品のものあり、サイズもいろいろです。
お気に入りを発掘してください

バザー服


あと、写真がないですが、わんこバッグやキャリーケース、リードなどもあります。
人用グッズもあって、こちらはとてもお安くしています。
 というようなものも、きっとあるはずです。探してみてください。


この日の売上げ

ともnetオリジナルグッズ   94.900
バザー              94.30
カレンダー            3.000
  合  計           107.330 円


皆様のご協力に、本当に感謝です。

保護わんこ、にゃんこの医療費として、大事に使わせていただきます





譲渡会参加わんこさん

今回は、カメラマンをスカウト(かのんのねえさま)したので、おー、いいじゃん という写真もあります。
お楽しみにー(笑)

まずは、参加わんこさんの紹介です

ニモ

なんだかとてもゆったり、うらはる母さんとくつろいでました
まったりしたい人には、最高の相棒になると思います。
あ、でも、お散歩も大好きですよ

ニモ


だいや
保護された時に、あまりにもひどい状態で、丸刈りにされただいや
こんな風になってしまうと、当時の面影はありませんね。

P1060895.jpg


モフルン
どんなカットをしてもかわいいです
ちょっと気の強いお嬢さん(オバサン?(笑))

もふるん

MOF.jpg


シャイン
ハゲハゲだった過去がウソのように、毛がいっぱいです
性格は天下一品

シャイン1

シャイン



今回初参加
ちょっとダイエットできたかな
ちょっと大きめのダックスさんです

源

源くん



ティム
おっとしてます
多分、サマーカットされ、バリカン負けしたかなーという感じにはげちゃってますが・・

ティム

BB
なかなか起きてこないので、ボスに起こしてもらいました
寒さは大嫌い

BB.jpg

奈々緒
反対に、元気いっぱいの奈々緒
誰にでも、かまってーとアピールしてました
奈々緒も初参加です

ななお


場馴れしてきた狛
余裕で過ごしています
この日から預かり先変更です  tommyさん

こまちゃん

ソレイユ
ソレちゃんも、きれいに毛が揃ってきましたね
耳の先が白いのがチャームポイント

ソレちゃん11

ソレちゃん


いと
いとちゃん、めっちゃかわいくなりましたね

いとちゃん1

いとちゃん

しずく
去年、ヘルニアを発症しましたが、手術と預かりさんの手厚いケアで、自分で頑張って歩けるようになっています
ものすごくビビりで、以前はフリーズして動かなかったのが、あちこち冒険している姿が見られるようになってきました


しずくちゃん

アナ
人にはかなりビビり(笑)
ボス命なアナ。
ボス宅で、新人わんこの教育をしてくれるアナ
わんこさんとうまく付き合ってくれます
ボス宅には、とても大事な存在ではあるけれど、でも、やっぱりそろそろ卒業させてあげたいなと思います
アナの赤い糸の先は、どこにつながってるのかな
自分でかみ切ったらダメだよー

わん

ana.jpg

・・アナ、ピントがあっていたのはこれだけごめんなさい。
笑は、ずっとキャリーの中に入ったままで、あとで撮ろうと思って忘れてしまいましたー


ボス宅には、まだまだお留守番わんこ達がたくさんいます。
確かに、高齢、病気もちの子が多いです。
遺棄される子の多くがこういう子達だからです。

またか、という理由
高齢で施設に入るとか、入院するから飼えなくなった

わんこの寿命は延びています。
それでも、15~20年
そのわんこさんを飼いはじめる年齢をきちんと考えて欲しいと思います。
自分の年齢では無理かも、と思うのなら、飼わない選択をしてほしいです。
もしくは、自分に何かあった時に、その子を引き受けてくれる人を探してお願いしておいてほしい。
自分が淋しいから、なんて理由だけで飼うのはやめてほしい。


誰でもいいから売れたらいい。なんて考えるショップの存在もダメですよね。
本当になんとかならないものかと思います。


最後をグチでしめてしまいすみません~

ありがとうございました!

譲渡会、無事に終了しました。
たくさんの皆様にお越しいただけた事、本当に嬉しく、お礼申し上げます。

おかげさまで、赤い糸のしっぽをつかんだ子もいたようで、この先、しっかりと結べるといいなと思っています。

いつものごとく、 写真の整理ができしだい、譲渡会の報告をさせていただきますので、今少しお時間いただきます。
本当にありがとうございました。

1月の譲渡会のお知らせです★


1月22日 (日)

 AM 11:00〜 PM 4:00


ドッグパークカフェオーレ


新春初の譲渡会です。
わんこ、スタッフ、気合を入れて頑張ります︎

参加ワンコは
近くなったらまたお知らせしますm(_ _)m


よろしくお願いします\(^-^)/

1/21 追記

参加わんこ

ボス宅から

★mix・モフルン
★ミニピン・BB
★ミニピン・菜々緒
★シーズー・笑
★ダックス・ティム
★ダックス・源
★トイプー・だいや
★狆・狛
★mix・アナ


ボスに余裕があれば、柔軟剤兄妹(ミックスの子犬たちです)も連れて行くかもとのことです。
不参加だとしても、お問い合わせば大・大・大募集中です︎

他のボラさんから

★ダックス・しずく
★ダックス・いと
★トイプー・シャイン
★トイプー・ソレイユ
★シーズー・ニモ


今年初の譲渡会です。
スタッフ一同、頑張りますのでよろしくお願いいたします




プロフィール

mami

  • Author:mami
  • メールはこちらに☆
    bellpapi2@yahoo.co.jp

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク